家庭で簡単に作れる万能オイル「ヨモギオイル」の効能と作り方

posted in: 手作りオイル, 農的暮らし | 2

ヨモギオイルの効能

擦り傷・切り傷・ひび割れや虫刺され等、困ったときに役に立つヨモギオイル。

ヨモギオイルはケガをした際に患部に塗るだけでなく、マッサージオイルとしても使える万能オイルです。

我が家でも常に1瓶は常備していたのですが、先日最後の一滴を使い切ってしまったので新たに作り直しました。

ヨモギオイルを作る目的

これまで我が家でヨモギオイルを使うのは、大抵の場合は誰かがケガをしたときに患部に塗るという使い方が主でした。

今回作るヨモギオイルの主な使用目的は、私の頭皮の肌荒れを治すことでした。私は何年も前から頭皮がアトピーのように肌荒れしており、薬を塗ってみたり食べ物や飲み水をに気を付けてみたりと試行錯誤しているのですが、未だに効果的な改善策を見つけられていません。

そこで今回は、乾燥してかゆみを伴う肌荒れに効果的なヨモギオイルを作りたいと思い、様々な種類のオイルの中でどのオイルが一番効果的であるかを調べてみました。

オイルには、使う人の肌体質によって最適なものがそれぞれあるようです。調べた結果、乾燥して肌がカサカサになってしまっている私の頭皮にはオリーブオイルが適しているだろうと判断しました。

えっ!どうして太白胡麻油じゃなくてオリーブオイルで作ろうとしてるの??って方はこちらの記事をご覧ください。

田舎暮らしの必需品「ヨモギオイル」の原料には太白胡麻油以外にありえないのか?

原料となるオイルを購入

購入したオリーブオイルはこちら。

オイルを選ぶときは次の2点に注意ました。

  1. できれば栽培中に農薬を使用していない。
  2. オイルの抽出方法がコールドプレスである。

このオリーブオイルはオーガニックのオイルで、かつ抽出方法もコールドプレスであったため、上記2点の条件を満たしておりました。

1.は明らかに体に良さそうですが、2.についてはコールドプレスって何ぞや?って方もいるかもしれません。

一般的にオイルを搾る方法には、圧搾して絞る方法や、高温にして科学薬品を使ってオイルを抽出する方法があります。

コールドプレスとは昔ながらの油の搾り方で、熱や化学薬品を加えずにオイルを圧搾する方法のことです。この方法は手間や労力がかかるため大量生産には向いておらず、販売価格も高めに設定されていることが多いです。

スーパー等に並んでいる安価で大量生産されているオイルは石油や薬品を使って抽出されたものが多く、今回のように繊細な使い方をする場合は丁寧にコールドプレスされたオイルが適しています。

ちなみにこのオリーブオイルのパッケージには「コールドプレス」という表記はありませんでしたが、ラベルに記載されているお客様相談センターに電話して確認したところ、コールドプレスであるという回答を得られました。

ヨモギオイルの作り方

さて、ヨモギオイルの作り方ですが、手順は様々な書籍やブログで紹介されているように、ヨモギをオイルに浸けて温めながらエキスを抽出するだけといった簡単なものです。

一応全行程の手順を書いておきます。

  1. ヨモギを採取する
  2. ヨモギを洗う
  3. ヨモギを乾燥させる
  4. ヨモギの成分を抽出する
  5. ヨモギを搾る

以上です。さほど難しい作業ではないため、都会のマンション暮らしの方でも簡単にヨモギオイルを作ることができます。

ヨモギを採取

まずは原料となるヨモギを採取します。

ヨモギは漢字で書くと「四方木」で、あちらこちらどこにでも生えているからこの名が付けられたという説があります。

たしかに田舎で生活していると、家の周りや石垣の麓、畑やあぜ道などいたるところに生えています。

なのでヨモギを見つけること自体は簡単なのですが、採取場所には気を付けたいポイントがあります。

採取する際に気を付けたいこと

採取する際に気を付けたいポイントとは何なのか。

それは採取場所です。

ヨモギはエネルギーたっぷりの雑草です。ヨモギオイルやよもぎ餅などに有効活用する場合はありがたい植物となりますが、畑作をする人にとってはかなりのやっかいものです。

田舎で自然に囲まれている地域で自生しているヨモギを見つけたからと言って、必ずしも安全であるとは言い切れません。

なぜなら、畑作や建物の管理を省力化するために除草剤を散布されている可能性があるからです。

せっかく身体や健康のためにヨモギの成分を抽出するのであれば、そのヨモギが除草剤等の毒物や薬品を吸い取っていない方が良いに決まっています。

住み慣れた土地の周囲であれば薬の散布をしているかどうかはわかるかもしれませんが、知らない土地で採取する場合には注意が必要です。

必要なヨモギの分量

ヨモギをどの程度採取すれば良いかということについてですが、これは特に決まった量はありません。

ヨモギオイルを作る時に使う鍋の大きさや、用意できたオイルに合わせて濃いめが良ければたくさん、薄めでも良ければ少し積んでくればOKです。

できればわっさわっさ生えている、見るからに生命エネルギーに満ち溢れているような元気なヨモギを選びましょう。

この写真はうちの周りの石垣に生えているヨモギたち。夏の暑さで少し弱っているようですが、まだまだ元気です。

そしてこちらはうちの畑。

今は作物を植えていないので雑草が我が物顔で生い茂っています。

ヨモギを洗う

次に摘んできたヨモギを軽く洗って埃や枯れている部分を落とします。

あ、そうそう!洗う前に茎から葉を1枚1枚ちぎります。

茎からはエキスがあまり出ないそうなので、茎と葉を分けて葉の部分だけを使うのです。

そういえばハッカも葉の部分はお茶やオイルの抽出に利用するけど茎の部分には毒素があると聞いたことがあります。真偽のほどはわかりませんが。

ヨモギを乾燥させる

洗い終えたらザルに乗せて天日で10分ほど乾燥させます。

あまり長時間干しすぎると葉っぱが干からびてしまうので、適度に水分を乾燥させましょう。

私たちは太陽の光を浴びて元気が出るような気がするので天日干ししていますが、陰干しの方が良いという方もいるようです。お好みでどちらでもどうぞ。

ヨモギの成分を抽出する

ここまでの下ごしらえが終わったら次はいよいよヨモギのエキスを抽出します。

この後、事前に用意しておいたオリーブオイルにヨモギを浸して熱する予定だったのですが、急遽オリーブオイルではなくいつもの太白胡麻油を使うことに予定変更しました。

理由はいくつかありますが、一番の理由はオリーブオイルが美味しかったから

普段使いのもう少し安価なオリーブオイルと比較して香りも良く、味にクセもなく色んな料理との相性が良さそう、ドレッシングなどにも利用しやすそうだし、頭に塗りたければヨモギオイルにしなくてそのまま塗ればよいんじゃないか。それに私の頭皮のためだけじゃなくて身近な人がケガをした時に誰でも気軽に使えるように万人向けの太白胡麻油で作った方が良いんじゃないか等々、理由を付けて結局いつもヨモギオイルを作る時に使っているこちらのオイルを購入してきました。

ヨモギ全体にオイルが行き渡るよう、少しずつヨモギとオイルを交互に土鍋に入れていきます。

土鍋が無ければ普通の鍋でも構いませんが、出来るだけ厚手の鍋の方が火加減の調整をしやすいのでお勧めです。

あまり高温になりすぎるとオイルの抽出どころではなくヨモギの素揚げになってしまいます。そうなると焦げ臭い天ぷらのような香りになってしまうのでそれは避けたいところ。

オイルを全て注ぎ終えたら土鍋をかまどにセットします。ご家庭にかまどが無い方はもちろんガスコンロでもOKです。

火加減はガスコンロの場合はとろ火~弱火くらい。

火にかけた直後のヨモギはこんな感じでまだ元気です。色も濃い緑色をしています。

最初は蓋をして弱火でヨモギの浸かっているオイルを温めていきます。

段々とオイルが温まり、くつくつと気泡が出始めたら蓋を取って木べらでかき混ぜます。

油で揚がってしまわないように、丁寧にゆっくりとひたすら混ぜ続けます。混ぜ続けること30分~1時間!

緑色をしていたヨモギたちから色素が抜けて淡い黄緑色に変化します。逆に無色透明だった太白胡麻油は濃い緑色になっています。

ヨモギを搾る

以上でエキスの抽出は完了です。長時間煮詰めれば煮詰めるほど良いかと言ったらそうではありません。

せっかく低温圧搾された太白胡麻油なのに、長時間熱を加えられたり酸化することによって成分が変性してしまう可能性があるので、オイルの見た目や抽出時間などを判断材料にしてストップしましょう。

鍋を火からおろしたら熱いうちにヨモギを搾ります。なぜ熱いうちに絞る必要があるのかというと、オイルが冷めてしまうと冷める際にせっかく抽出したエキスがヨモギに戻ってしまうからです。

とても暑いですが、さらしやガーゼを利用して手早く絞りましょう。

予めガーゼを袋状に縫い付けておくと絞る時に便利ですよ。

エキスを全て抽出し、搾り終えたヨモギの殻がこちら。

人によってはこれを使ってふりかけを作って食べる人もいるようです。

私たちはこの日はたまたま燻製を作っていたので、窯に投げ込んで煙の元になってもらいました。

ヨモギの採取からヨモギオイルの完成までにはそれなりに時間がかかりますが、一度作ってしまえば数カ月~1年以上は持ちます。

「持ちます」というのは劣化しますという意味ではなくて、使い切るまでそれくらい持ちます。

こういう作業をするといつも思うのですが、1人でやるとただの作業になって途中で嫌気がさしてしまうこともあるので、お友達やご家族と一緒にワイワイ作るのがお勧めです!

Follow Kuro:

タイの奥地で粘土から日干しレンガを作る技術を習得し、現地の元僧侶のもとでメディテーション(瞑想)の修行を重ねるうちに、自然と共存して生きていくパーマカルチャーライフを意識することに。現在は田舎暮らしをしながら生きるために必要な技術を磨きつつ、山から伐り出した薪を使ってオーガニックの珈琲豆を焙煎して販売しています。

2 Responses

  1. 岡部 洋子

    はじめまして 私も頭皮の肌荒れに難儀しています。今年のヨモギ収穫が楽しみです。

    • Kuro

      コメントありがとうございます。
      大量のヨモギを煮出して抽出するヨモギエキスというものもあるようです。
      春が待ち遠しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは自動で削除されますのでご注意ください。(スパム対策)